PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どんと焼き


日曜の昼過ぎ~

近くでどんと焼きがあるというので

行ってきました。

どんと焼き

テレビなどでこの時期によく耳にはしてましたけど

ベンクラママ生まれてこのかた見たことは一度もありませんでした。


【おんべ焼き・どんど焼き】

地元の人達が持ち寄った古いお札や正月の松飾、人形、縁起ものなどを焼いて1年を振りかえり、新しい年の家内安全と無病息災を祈るもの。お焚き上げで餅を焼いて食べると、一年間風邪をひかないと言い伝えられている。
 高さ約6~7m、直径約10mの中に孟宗竹の芯柱を立て、その先端に御幣(ごへい)を飾る。これを”おんべ”と読む。地区により おんべ焼き・どんと焼きと呼ばれている。

元日(1月1日)から1月7日までを大正月、それから1月15日までを小正月 (大正月の間に仕事が多い女性を労い、女正月という地方もあります。)といい、この小正月の間にお飾りや門松を焚き上げ、その年の健康を願うどんと焼き(どんど焼きという人もいるようです。)が各地で行われます。
 このどんど焼きの火で、書き初めの紙が高く舞い上がると字が上手くなるとか、この火に体をあてると若返る体が丈夫になる。
 また、この火で焼いた団子や餅を食べると病気をしない、尻をあぶれば長生きをする、残り灰を体にまぶして無病息災のまじないをしたりと、火を神聖視する信仰が結びついて、さまざまな願いがこの火祭りに込められています。

神奈川県ではお団子やお餅を火であぶる習慣が多いということです。


donto15.jpg
これは去年のものです。


実は去年、どんと焼きがどんなものか見たくて行ったのですが~。。。

ベンクラママお得意の早とちりでお昼の1時からを聞き間違えたのか

11時に行ってしまって

待てど暮らせど始まる様子がないので待ちくたびれて帰ってきてしったのでした^^;

後で聞いたら、なんとお昼の1時からだったのよ~!ですって!!!

ということで~。。。

donto5.jpg


今年は、きっちり1時に行ったら、すでに点火されてて、かなり燃えてました。

donto14.jpg


竹の焼ける音が凄くてビックリ@@

竹の中で暖められた空気が一気に爆発~って感じ

バキバキ~バキバキバキ~~時々ボ~~ン!!!


雷が苦手なベンがパニックを起こすのではないかと心配しちゃったけど
なんてことなく、その場にいたのには、これまたビックリでした。

donto9.jpg


竹の燃える音よりも、ベンクラは人ごみの多さに驚いていたかも?

donto12.jpg


この日は外の空気も乾燥していたせいもあってか

消防士さんの放水もされてて

まるで消防訓練か?のようでした。

燃え具合も半端じゃなかったですからねぇ~。。。

ご近所へ飛び火でもしたら大変ですもんね。



燃え上がる火に我が家の松飾もくべてもらって

1年の無病息災を祈って~。。。

というところで

町内会のお世話役の方から



donto7.jpg


御汁粉の振る舞い!

donto10.jpg


この甘さがなんだかほっとする感じ!

おご馳走さまでした~。美味しかった~もういっぱいお替りほしかったです(笑)

なんて言ってたら、

次はみかんの振る舞い!

donto4.jpg


これで、ベンクラ家はこの1年元気でいられるかもねっ@^^@


そうこうしてるうちに、火の燃え上がりも段々とおさまって

donto6.jpg


あちこちに竹の棒を持って構えてる人が多くなってきた@@


これは何をするのかと言いますと~。。。

donto3.jpg


竹の先に針金をつけてその針金に餅をとおして

炎の中で焼くというもの@@

donto16.jpg


人によっては、魚焼きの網を使って焼く方もいるようで

人様ざま@@

donto1.jpg


どんと焼きが始まって、1時間近くいたけれど

お餅を焼くまでにはまだまだのようで~。。。

ここで

ベンクラ家タイムリミット!

ベンクラパパさんの仕事の都合で帰らなくてはいけなくなり

仕方なく帰宅^^;


お餅が焼きあがるまでいたかったけれど~

残念~

donto2.jpg


ベンクラもお散歩かと思ってついてきたみたいだけど

結局、どんと焼きを見ただけで終わっちゃったね。


最後までいられなかったのは残念でしたけど

どんと焼きの炎を見ながらベンクラ家今年1年、皆元気で過ごせますようにと

しっかりお祈りしてきました。

特にベン君には今年も元気でいてほしいですからねぇ~。











☆今日も来てくださってありがとう☆
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:16 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

☆お返事遅くなりました☆

v-22レオ君ママさん

広島も「とんど」っていうのね。
京都もそういうようだから、関西方面はそういう感じなのかもしれませんね。
町内中に煤が飛んでくるので、 この日は洗濯物を干せません>そうなのね。
そういう気がしました。

私は生まれて初めてのことで、とっても凄い行事だなと感心してました。
ず~~っと、こういうのは残していきたいですよね。
ベンクラ家も今年は年の初めから、風邪引いたりしてましたから、炎にあたって、厄払いできたかも?
元気で1年すごせればいうことなしですよね。

| レオ君ママさんへ←ベンクラママ | 2008/01/26 22:20 | URL | ≫ EDIT

☆お返事遅くなりました☆

v-22bibiさん

町内会でも昔からの風習が残ってるのはいいことですよね。若いころはあまり感じなかったことですけど
年とると改めて、守り続ける伝統みたいなものに
感心させられます。

珍しく、凄い爆発音にも動じずに、何てことなくその場にいましたから、こちらの方がビックリでした。
もしかして、年とって、耳が遠くなっちゃったのかしら?そうだったら雷も平気かしら?
だといいなぁ~@^^@

| bibiさんへ←ベンクラママ | 2008/01/26 22:15 | URL | ≫ EDIT

☆お返事遅くなりました☆

v-22みゅうさん

そうなのね。京都では【とんど】というのね。
地方で呼び方も違うんですね。
風習って面白いわね。

今年の年初めは私の風邪で寝正月になっちゃって
初詣も行きませんでしたから、これできっと厄払いできたかも?です。
ベンも勿論クララも家族みんな元気で1年いける気がします@^^@

| みゅうさんへ←ベンクラママ | 2008/01/26 22:11 | URL | ≫ EDIT

☆お返事遅くなりました☆

v-22ブンさん

風習って風情があっていいものですよね。
九州というか、私の生まれ育ったところではなかったもので、なんか新鮮な感じがしました。
おしるこも美味しかったし~(笑)

寝正月だった我が家もこれで厄払いできたかしら?
今年も元気で1年過ごせれば言うことナシです。

| ブンさんへ←ベンクラママ | 2008/01/26 22:07 | URL | ≫ EDIT

とんど

広島ではとんどと言います。
内容は同じです。
火が消えると余熱で竹の先にお餅を挟んだものを焼きます。
初めての人は、真っ黒焦げに焦がして食べるのに苦労します。
要領を得た人は、アルミ箔を巻いて焼いたり、
色々工夫して・・・
町内中に煤が飛んでくるので、
この日は洗濯物を干せません。
子ども会や町内の役をしている時は言っていましたが
ここ何年か行ってないなぁ~~

| レオ君ママ | 2008/01/23 00:06 | URL | ≫ EDIT

地方の行事っていいですね

昔からやってる行事って皆集まって楽しそうですよね。
うちの近所はあまりないです。
ベン君怖がらなかったみたいですね。
やっぱり男の子、キメル時はバチっとキメルのね。

| bibi | 2008/01/22 23:16 | URL |

各地によって、どんどん焼きとかサギチョウとかとも言いますよね☆京都では「とんど」と言います。

最寄の氏神さまで書初めを燃やしてもらうんですよね。
燃やした火にあたったベンくん達も無病息災ですね★

| みゅう | 2008/01/22 21:17 | URL | ≫ EDIT

おはよう~♪

どんと焼き、いいですねぇ~
佐渡で一度経験したきり、こっちでは一度も見ません。
お正月明けの風物詩、情緒があっていいですね。
それも大規模。

ベンクラちゃん達も参加できてよかったねv-411
無病息災をお願いできて。
あの煙を被ると元気をもらえそう。

ほのぼのと暖かい空気が伝わってきました~v-41

| ブン | 2008/01/22 09:32 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。